【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online挑戦者2019

山崎寿樹 温泉道場社長執行役員兼グループCEO くつろぎカフェで銭湯を再生

山崎寿樹 温泉道場社長執行役員兼グループCEO (撮影=武市公孝)
山崎寿樹 温泉道場社長執行役員兼グループCEO (撮影=武市公孝)

 経営に行き詰まった日帰り温浴施設をよみがえらせる取り組みに、全国から視察が絶えない。

(聞き手=下桐実雅子・編集部)

 埼玉県を中心に日帰り温浴施設などの直営店7カ所を運営しています。「おふろカフェ」が看板ブランドで、2018年からフランチャイズで全国展開しており、12月23日には北海道に3店舗目がオープン予定です。採算が取れなかったスーパー銭湯、健康ランドなどを再生させてきました。

 店舗それぞれに特徴があります。例えば、大宮駅近くの「おふろカフェutatane(うたたね)」は日本一、若い人が来る温浴施設。入館料は1260円。「家のようにくつろげる空間」がコンセプトで、コーヒーが自由に飲める北欧風カフェが人気です。風呂やサウナだけではなく、空間を楽しむという新しい価値観を打ち出しました。コミックや雑誌1万冊以上を備え、フィンランド料理も味わえます。三重県四日市市のおふろカフェ…

残り1221文字(全文1613文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事