国際・政治ワールドウオッチ

ベラルーシ 20~30代の起業熱高まる=大前仁

常にシリコンバレー時間に留意(筆者撮影)
常にシリコンバレー時間に留意(筆者撮影)

 旧ソ連のベラルーシではルカシェンコ政権の統治が25年も続くが、近年はデジタル経済の推進に力を入れている。このような状況下で、20〜30代が経営するスタートアップ企業も増えている。

 首都ミンスクの中心部にある「イマグル」は自社オフィスを持たない起業家が使える共有のスペースである。2013年に開設されて、現在は1カ月に1万人近くが利用しているという。

 約1年前に起業したビタリーさん(36)は、自閉症の子どもたちが社会性を身につける機材などの開発に当たる。本場のシリコンバレーにも投資家がいることから、スカイプなどを使い連絡を取り合う。別のスタートアップを経営するアレクサンドルさん(32)もこの施設で、今の共同経営者と出会った。

残り192文字(全文507文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事