国際・政治ワールドウオッチ

台湾 弾圧の史跡で「恋愛の自由」展=井上雄介

    記念館はかつての警察署。左後方は現警察署(筆者撮影)
    記念館はかつての警察署。左後方は現警察署(筆者撮影)

     台湾を代表する観光地、台北の大稻埕(だいとうてい)地区にある「台湾新文化運動記念館」が開館1周年を迎え、「自由恋愛・日本統治時代におけるロマンス」展を始めた。1920年代、日本統治下でモダニズムの時代を迎えた台湾社会。結婚相手は親が決めるとの伝統的な観念に反逆し、恋愛の自由が叫ばれ始めた。展示は、当時の台湾の思想や風俗を、写真や雑誌、書籍などを使って回顧している。

     個人の意志を尊び、恋愛の自由を叫ぶ背景には、民権運動の高まりがあった。台湾史上最も著名な民権活動家、蒋渭水医師らが21年に台湾文化協会を結成し、「新文化運動」を率いた。蒋は27年に政党「台湾民衆党」を結成。総督府に危険視され、十数回も逮捕されている。

    残り237文字(全文547文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット