国際・政治ワールドウオッチ

エチオピア 評価割れるノーベル平和賞受賞=関隆夫

 エチオピアにとって、今年はアビー首相がノーベル平和賞を受賞した特別な年となった。国内も祝意一色と思いきや、国民の評価は割れている。

 アビー首相が2018年4月に就任してからの政治・経済改革は、国際社会から高い評価を得た。特に隣国エリトリアとの国交再開は、人々がうれしさのあまり、エリトリアの適当な番号に国際通話をかけてあいさつを交わすといった現象も起きたほどだ。当地に世論調査はないものの、恐らく…

残り300文字(全文499文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事