週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

二足、三足のわらじ=迫田邦裕・循環器内科医、エムエス製作所副社長/776

    写真1 「ものづくりのこだわり、緻密さ、繊細さをゴルフに持ち込みたい」撮影=蘆田 剛
    写真1 「ものづくりのこだわり、緻密さ、繊細さをゴルフに持ち込みたい」撮影=蘆田 剛

     自動車部品の金型メーカー「エムエス製作所」(愛知県清須市)副社長として、金属加工技術を駆使した高級ゴルフクラブの開発を主導する傍ら、心臓カテーテル手術の専門医としても活躍。毎週、大分、名古屋、東京を行き来する。

    (聞き手=岡田英・編集部)

    「医師、家業、子育て、全部やればいいと思った」

    「製造業のコスト意識を医療に持ち込めば、社会保障費は下がる。二つの仕事が融和すればよい」

    ── 「エムエス製作所」の副社長として、ゴルフクラブの高級アイアン「MUQU(ムク)」の開発を主導し、2018年12月から6本セット216万円で受注販売を始めました。なぜ畑違いのゴルフクラブの開発に乗り出したのですか。

    迫田 エムエス製作所は、自動車のドアや窓の回りに取り付ける雨漏り防止のゴム製品「ウェザーストリップ」の金型を製作する会社です。祖父が1971年に創業し、現在は父(幸博さん)が経営しています。でも下請けなので、金型ってどんな技術なのか、世の中に知られていない。自動車産業がこの先どうなるか分からない中、業界内に閉じ籠もっていたら、いずれじり貧になってしまいます。

     そこで、身近なもので、自分たちの技術を広く知ってもらう手段の一つとして、高級アイアンを開発しようと考えました。金型の仕事は車のモデルチェンジがないと発生しないので、「山」と「谷」の落差が大きく、「谷」の時期に、自分たちで加工できる商品があれば経営も安定するかもしれないという狙いもありました。

    残り4217文字(全文4839文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事