週刊エコノミスト Online深層真相

UBSなど外資系証券、厳しい日本での事業環境

     スイスの金融大手UBSグループのUBS証券と三井住友トラスト・ホールディングス(HD)が折半出資して設立した、富裕層向けのセミナー開催などを手掛ける「UBS SuMi TRUST ウェルス・アドバイザリー」が1月、営業を開始した。ただ、金融関係者の間では、「UBSが日本での事業を縮小する布石なのでは」との観測が広がっている。

     UBS証券と三井住友トラストHDは昨年6月、富裕層向けビジネスで資本・業務提携。今回の合弁会社の営業開始はその第1弾で、2021年には第2弾として富裕層の資産管理事業を展開する合弁会社を新たに設立する方針だ。だが、UBS証券ではその一方、銀行業界などを担当してきた株式アナリストが、昨年末にかけて次々に退職。金融関係者の間に動揺が広がった。

    残り178文字(全文513文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット