週刊エコノミスト Online深層真相

急増する「粉飾倒産」 地銀の業績を直撃

    「申し立て会社は昭和59(1984)年ごろから、粉飾決算を重ね、その後もこれを継続した」。1月6日に民事再生法を申し立てた事務機器・スチール家具卸の玉屋(島根県)の「民事再生手続開始申立書」には、同社が35年にわたり粉飾決算を続けた詳細な記載があった。減価償却を一部しか行わない、架空の棚卸し資産を計上、回収不能な売掛金・未収入金などの貸し倒れ処理をしないなど、粉飾を続けた様子が垣間見える。

     また、産業用電気機器の販売を手がけ、直近4年で売り上げを6倍に伸ばしていた横浜市内のA社は昨年12…

    残り282文字(全文528文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット