週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

令和2年の不動産市場を待つリスク/29

    さまざなまリスクが絡み合い不動産の先行きは不透明だ(Bloomberg)
    さまざなまリスクが絡み合い不動産の先行きは不透明だ(Bloomberg)

     2020年の不動産市場には何が待ち受けているだろうか。まずは「災害リスク」だ。19年の台風15号や19号は国内各地に甚大な災害をもたらした。気候変動はその勢いを増しており、海面温度上昇から大規模な台風が発生する可能性は年々高まるようで、19年を上回る災害が発生する可能性が高い。浸水可能性のある地域ではその備えが必須だ。

     不動産選びでは被災リスクのあるところはなるべく避ける動きが顕著になる。「不動産売買・賃貸契約時にハザードマップの説明を義務化」「災害リスクを金融機関の担保評価に織り込む」といった動きが出てくるかもしれない。「災害可能性に応じた火災保険料率の設定」は必至だろう。

    残り863文字(全文1155文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット