週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

江東5区が水没する地震水害/30

     2019年は災害リスクを強く意識した年だった。台風15号や19号、集中豪雨による水害は全国で猛威を振るい、都市部でも水害対策の脆弱(ぜいじゃく)さが露呈した。

     日本の治水の歴史のうち、河川の付け替えなど大規模なものは徳川家康が江戸に移って以降。とりわけ1594年からおよそ60年にわたって行われた「利根川東遷」とよばれる改修工事が、湿地帯だった当時の江戸を切り開いた。これによりかんがいなどの治水事業と、船による物資輸送が整備された。

     一方荒川は「荒川西遷」によって1629年から治水を開始したものの、江戸に洪水をもたらし続ける。日本堤や隅田堤は、江戸市街地を洪水から守るために築堤されたといわれるが、明治時代になっても東京で洪水が頻発。明治元年からの43年間で、床上浸水などの被害をもたらした洪水は10回以上発生。とりわけ1910年の洪水は、東京を中心に浸水約27万戸、被災者約150万人という甚大な被害を記録した。

    残り810文字(全文1220文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット