教養・歴史書評

『〈賄賂〉のある暮らし』『ネクストシリコンバレー』『中国の行動原理』『エンジェル投資家とは何か』

     冷戦終結から約30年が過ぎたカザフスタン。市場経済化して成長が続く一方で賄賂が蔓延(まんえん)する内情を研究者が綿密な調査で明かす。入学や就職、裁判、医療とあらゆる場面で人々が解決を急ぎ、従来のコネに加えて“袖の下”に頼るようになった。受け取る側も当然視し、その一部を上司に納めてトラブルを回避。そんな親たちを見て育った若者は何でも金で事を済ませる生活に罪悪感を覚えない。豊かになることの意味を再考させられる秀逸な報告だ。(W)

     シリコンバレーの企業が世界をリードする…

    残り740文字(全文975文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット