教養・歴史書評

掲載総数、6762回 「折々のうた」の偉業=孫崎享

    ×月×日

     文学であれ、絵画であれ、創作活動は作品が出たからといって、即、評価されるものではない。今日その作品が最も高価に取引されているゴッホは、生前ほとんど売れていないし、モディリアーニの作品は2018年に1億5700万ドルで取引されているが、生前画家としての成功は収めていない。画廊の努力や評論などの積み重ねの上に今日の名声がある。

     私とて少しばかりの本を出しているが、販売部数と、人々の言及には見事な相関関係がある。俳句も同様で、芭蕉(ばしょう)の時代を経て一時停滞したのを、正岡子規が俳句の良さを指摘し、今日の隆盛につながっている。

    残り1072文字(全文1341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事