教養・歴史書評

曹操とはいかなる人物か 評判の小説、邦訳発売=加藤徹

     中国史では、60年に一度の庚子(かのえね)の年は天下大乱になるという不吉なジンクスがある。1840年、アヘン戦争勃発。1900年、義和団の乱と8カ国連合軍の北京占領。1960年、大躍進政策の失敗で餓死者数千万人。2020年は……平穏な一年になることを願う。

     今から1800年前の西暦220年の庚子の年、『三国志』の英雄・曹操(そうそう)が死に、後漢から魏(ぎ)へ王朝が交代した。曹操は、私欲に走った希代の悪人か、文明の再建を志したヒーローか。今も評価は分かれる。

     王暁磊(おうぎょうらい)著、後藤裕也監訳、岡本悠馬訳『曹操 卑劣なる聖人』第一巻 (曹操社、2400円)と第二巻(同上)は、中国で「曹操本人が読んで納得するであろう唯一の小説」と評判となった歴史小説の日本語訳である。全10巻に及ぶ原著の、最初の2巻分である。

    残り588文字(全文950文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット