週刊エコノミスト Online深層真相

リニア開業遅れは必至 元顧問の官邸官僚関与も

     リニア中央新幹線の東京・品川─名古屋間の開業が、予定の2027年から遅れる可能性が高まっている。静岡県の川勝平太知事=写真=が環境への悪影響を主張して反対し、南アルプストンネル工事の静岡工区が着工できていないためだ。国土交通省が、静岡県とJR東海の協議に「行司役」として積極介入することになったものの、川勝知事は環境省や農林水産省の関与も求めるなど、事態は迷走している。

     国交省は昨年10月、藤田耕三事務次官を静岡県庁に派遣する異例のトップ会談で事態の打開を図った。背景として、安倍晋三首相とも近いJR東海の葛西敬之名誉会長が、同社元顧問の杉田和博官房副長官ら官邸幹部に相談したことで実現したとの見方が出ていた。

    残り210文字(全文517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット