週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

インド キャッシュレス普及策を施行=成田範道

    「脱現金」は着実に浸透している(Bloomberg)
    「脱現金」は着実に浸透している(Bloomberg)

     インドは近年、キャッシュレス決済が急速に拡大しているが、今年は政府の普及策によってさらに加速しそうだ。キャッシュレス決済は、2016年11月の高額紙幣廃止措置をきっかけに拡大を続けており、政府系の電子決済システムである「統合決済インターフェース(UPI)」を通じた決済件数は、19年12月には過去最高の月間13億1000万件に達している。

     さらに、政府は新たな普及策を開始した。一つは1月1日からキャッシュレス決済に係る手数料を銀行や決済会社が負担し、販売者や支払者に対しての徴収を廃止するというもの。もう一つは同じく1月1日から、前年度の売上高が5億ルピー(約7億5000万円)以上の企業にキャッシュレス決済の受け入れを義務付けるもので、2月1日から違反企業への罰則の適用も開始される。いずれも、キャッシュレス決済を利用しやすくするため…

    残り153文字(全文523文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事