週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

アフリカに魅せられて=藤井千江美 NPO法人HANDS理事、看護師/778

    「モリンガ農園で最期を迎えられたら幸せだなと思います」 撮影=蘆田 剛
    「モリンガ農園で最期を迎えられたら幸せだなと思います」 撮影=蘆田 剛

     西アフリカのシエラレオネやブルキナファソで保健医療の支援活動に取り組んできた藤井千江美さん。その熱い思いと人並み外れた行動力の源泉には、いったい何があるのか──。

    (聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

    「モリンガで栄養を改善し、仕事を増やしたい」

    「学生時代に引きこもりに。自分を変えようと一人旅に出て、憧れの地を巡りました」

    ── アフリカ西部のシエラレオネで、栄養素が豊富なモリンガを栽培し、現地の人の栄養改善に結び付けるプロジェクトに取り組んでいます。

    藤井 NPO法人HANDS(ハンズ=Health and Development Service)では昨年4月から、シエラレオネ北西部のカンビア県で、小学校5カ所の校庭に農園を作り、子どもたちが野菜と一緒にモリンガの木を栽培する「モリンガ・スクールガーデン」というプロジェクトを始めました。そこで収穫した野菜とモリンガの葉を学校給食に加え、子どもたちの栄養改善に役立てようという計画です。

    残り4553文字(全文4973文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット