週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

死亡例報告、微生物汚染・・・米国の若者に広がる電子たばこの「危ない」実態=大西睦子

さまざまな風味の溶液が入った電子たばこのボトル(Bloomberg)
さまざまな風味の溶液が入った電子たばこのボトル(Bloomberg)

 米イリノイ州で2019年8月23日、電子たばこ関連の肺障害(EVALI)による初の死亡例が報告された。米疾病対策センター(CDC)の調査によると、その後、20年1月14日までに米国の27州とコロンビア特別区(DC)でEVALIのため60人が死亡、全米と米自治領で2668人もの患者が入院した。患者の約8割は35歳未満(中央値は24歳)の若者だ。いったい、米国で電子たばこを巡って何が起こっているのか。

 米国の電子たばこは、ニコチンや香料などを含んだ溶液を専用の器具で加熱し、放出されるエアロゾル(蒸気)を吸い込むものだ。

残り3649文字(全文3910文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事