週刊エコノミスト Onlineエコノミストリポート

JR直通線開業 相鉄が踏み出した「第一歩」 新ルートの広がりに期待=土屋武之

    新宿付近を走る相鉄直通列車(いずれも筆者撮影)
    新宿付近を走る相鉄直通列車(いずれも筆者撮影)

     2019年11月30日に相鉄・JR直通線が開業し、海老名─新宿(一部は大宮、川越まで)間の直通運転が始まった。相鉄にとっては悲願の東京直通であるが、まだ事業完了ではない。現在、22年度下期開業の予定で相鉄・東急直通線が建設中であり、東急東横・目黒線、あるいはその先の東京メトロ、都営地下鉄との間での直通運転が予定されている。双方を合わせて、まさに相鉄の社運を懸けたビッグプロジェクトであり、今回はその第1段階が完了したにすぎない。全面完成後の列車運転体系は未発表であるが、この計画がどう展開していくのか、予測を交えながら未来を論じていきたい。

     相模鉄道や持ち株会社の相鉄ホールディングスは横浜市西区に本社があり、相鉄グループはもともと横浜駅周辺を最大の事業拠点としていた。路線もこれまでは、横浜駅をターミナルに海老名駅と湘南台駅へ通じる2本だけ。主たる営業エリアは神奈川県中部に限られていた。しかし、1990年代から少子高齢化が進み、ひいては就業人口すなわち通勤定期利用客の減少が見込まれるようになると、狭い地域から「打って出る」覚悟を求められるようになった。

     新線は相鉄本線の西谷駅で分岐し、JR東日本との接続線がある羽沢横浜国大駅を経由。新横浜駅で東急が建設する日吉─新横浜間の新線と接続するもので、相鉄新横浜線と称する。

    残り2406文字(全文2970文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット