国際・政治エコノミストリポート

インド版マイナンバー 12億人超が顔・指紋を登録 民間利用でデジタル化加速=柏村祐

    (注)2020は1月現在 (出所)UIDAIの資料より編集部作成
    (注)2020は1月現在 (出所)UIDAIの資料より編集部作成

     2027年ごろには人口が中国を抜いて世界一になるとの国連推計もあるインドが、「デジタル大国」への歩みを進めている。国際決済銀行(BIS)によると、18年のキャッシュレス決済の増加率は55%と世界最速の勢いで伸びている。背景には「デジタル・インディア」を掲げるインド政府が、キャッシュレス化を一足飛びに実現しようと力を注いでいることがある。今年1月からは、売り上げが5億ルピー(約7・6億円)以上の企業にキャッシュレス決済の導入を義務づける一方、導入にかかる手数料は免除する促進策をスタートさせた。

    残り2381文字(全文2630文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット