マーケット・金融エコノミストリポート

政府と二人三脚の新興財閥ビングループ ベトナム初の国産車を出荷=北野ちぐさ

    ハイフォンの工場で生産されたビンファストの「LUX A2.0」=2019年6月(Bloomberg)
    ハイフォンの工場で生産されたビンファストの「LUX A2.0」=2019年6月(Bloomberg)

     ベトナム最大の複合企業ビングループが、ベトナム初となる国産車の生産に乗り出している。国産車の生産によって製造業の裾野を広げたい政府の強力な支援も受け、新たな事業の柱とする狙いだ。ベトナムは今、1人当たり国内総生産(GDP)も伸びを続けており、モータリゼーションが加速する前夜にある。ビングループの動向からしばらく目が離せない。

     ビングループの自動車メーカー、ビンファストが昨年6月、小型車「ファディル」を、また7月にはセダン「LUX A2・0」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「LUX SA2・0」の納車を始めた。いずれの車種もベトナム北部の港湾都市ハイフォンに建設した工場で生産したもので、6月からの半年間の自動車販売台数実績は1万5300台と、自動車メーカーとして大きな一歩を踏み出したといえる。

    残り3089文字(全文3441文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事