経済・企業エコノミストリポート

IT ヤフー・LINE経営統合 決済も配車もECも一手に スーパーアプリ実現なるか=鈴木淳也

    笑顔の裏に強い危機感(ZHDL川辺社長=左、LINE出沢社長=右)(Bloomberg)
    笑顔の裏に強い危機感(ZHDL川辺社長=左、LINE出沢社長=右)(Bloomberg)

     検索サイト大手ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)と、チャットアプリ「LINE」を展開するLINEは2019年12月、経営統合で最終合意した。

     ZHDの親会社ソフトバンクと、LINEの親会社である韓国ネイバーが、LINE株式の共同買い付けを行い、同事業を継承する会社を設立、日本国内でインターネット事業を手がけるヤフーとともにZHDの100%子会社とする。旧LINEはソフトバンクとネイバーが半々で株式を持ち合うジョイントベンチャー(JV)となり、ZHDを傘下に置く。JVはソフトバンク側の連結子会社として存在する(図1)。

     複雑な取引だが、重要なのはJVの権利はソフトバンクとネイバーが折半で持つ一方で、ソフトバンク側の傘下に入ることだ。元来、ネイバーはLINEに対して過干渉することなく、純粋に過半数の株を持つだけの企業として存在していた。

    残り3118文字(全文3495文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事