週刊エコノミスト Online資産作りの新常識

ホームアセットバイアス=正岡利之/5

     投資を始めるにあたって、投資対象が国内に偏りがちになることを「ホームアセットバイアス」と呼ぶ。自国通貨(円)建ての投資が多くなるのは自然なことだが、一方で「分散投資」の観点では、海外を含めてより広く分散することが望ましい。

     過去の運用実績を見てみよう。図1は国内の債券と株式に投資した場合と、海外の債券と株式も含めて投資した場合の実績を比較した。日本がバブルだった1980年代後半からの数年を除けば、国内だけのパフォーマンスよりも、海外の株式と債券にも投資した方が、相対的に良いリターンとなっている。

     図2のように世界全体の実体経済(名目GDP〈国内総生産〉)は、上昇トレンドを続けている。株式の価格は短期的には実体経済から乖離(かいり)することがあるものの、中長期的にはそれに沿った動きをする。つまり、経済実体が縮小し続けない限りは、株式を保有していれば、その成長を享受できることになる。

    残り602文字(全文998文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット