週刊エコノミスト Onlineエコノミストオンライン

ドーピング問題でロシア排除 招致の贈収賄疑惑消えぬまま=北島純

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

    詳しくはこちら

     2019年12月9日、世界反ドーピング機関(WADA)の臨時常任理事会は全会一致でロシアによるドーピング検査データ改ざんを認定、今後4年間、五輪をはじめとする主要な国際競技大会からロシアを排除することを決定した。メドベージェフ露首相(当時)は「反ロシアヒステリーだ」と反発、露側の異議申し立てを受けたWADAは20年1月9日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)へ裁定を申し立てた。しかし、CASがWADAの判断を覆すことは現状では考えにくく、20年夏の東京五輪・パラリンピックにロシアは国として参加できないことになるだろう。

     今回、WADA理事会が承認したのは、WADAのコンプライアンス審査委員会の勧告だ。ロシア反ドーピング機関(RUSADA)は、14年に発覚した露陸上界でのドーピング不正問題で、15年11月から資格停止処分を受けていた。この処分は18年9月に解除されたが、その際の条件として、ロシア国内でのドーピング検査を受託しているモスクワ反ドーピングセンターの保管データをWADAに提出することが求められていた。

    残り2046文字(全文2512文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事