マーケット・金融不動産コンサル長嶋修の一棟両断

浸水リスクで変わる不動産評価/32 

昨年千葉県はたびたび浸水被害を受けた
昨年千葉県はたびたび浸水被害を受けた

 令和元年は台風15号や19号が日本各地に甚大な水害をもたらした。今年も昨年並み、あるいはそれ以上の台風や集中豪雨が発生するとみておいたほうがいいだろう。

 自治体のハザードマップを確認して「洪水浸水想定区域」に建物がある場合は要注意だ。洪水を想定して基礎を高く設定するなどの工夫が施されていればいいのだが、建物の容積率を稼ぐ目的で、地下や半地下を備えた一戸建てやマンションも多数存在する。用途地域が「住居系」の場合、10メートルの高さ制限があることが多く、少しでも階数を稼いで販売面積を増やすために地下を掘っているケースが多い。こうした物件はゲリラ豪雨に見舞われれば浸水は確実だろう。

 では浸水の懸念がある不動産は価格にどのような影響があるだろうか。洪水浸水想定区域などを不動産業者側が説明する義務はない。そのため現時点では、不動産価格に直接反映され、金融機関の担保評価に影響を与えることはない。

残り774文字(全文1172文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事