週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

売れない買えない新築マンション/33 

都心の新築マンションはもはや「高嶺の花」だ
都心の新築マンションはもはや「高嶺の花」だ

 不動産価格のピークアウトが鮮明だ。2012年の民主党から自民党への政権交代以降、「都心」「駅近・駅前・駅直結」さらには「大規模」「タワー」といったキーワードに象徴される物件を中心に価格上昇を続けてきた新築マンション市場だったが、発売戸数は年々減少。好不調を占う契約率も恒常的に70%を割り込むなど息切れ感は明白だ。

 19年の首都圏新築マンション供給は当初3・6万戸と見積もられていたが、ふたを開けてみれば3・2万戸(不動産経済研究所)と大幅減。20年は3万戸を割り込む可能性が高い。

残り956文字(全文1198文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事