週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

地名が語る歴史と災害リスク/34 

    土砂崩れで被災した広島県安佐南区八木地区=2014年
    土砂崩れで被災した広島県安佐南区八木地区=2014年

     地名には、その土地の歴史が刻まれていることが多い。例えば「池」や「川」はもちろん「深・浦・津・浮・湊・潮・洗・清・渡」など漢字に「さんずい」が入っていて水を連想させる地名は、かつて低地にあり、川や沼・湿地帯だった地域が多い。例えば東京・渋谷駅周辺は、舗装された道路の下に川が流れており、低地で地盤も弱い。東京都中野区沼袋は低湿地だった。

     埼玉県三郷市戸ケ崎など、内陸部でも「崎」の地名がつく地域は、縄文時代などまだ海面が高かった時代、海と陸地の境目だった場所であり、強い地盤と弱い地盤が入り組んでいる。

    残り903文字(全文1155文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事