週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

地名が語る歴史と災害リスク/34 

土砂崩れで被災した広島県安佐南区八木地区=2014年
土砂崩れで被災した広島県安佐南区八木地区=2014年

 地名には、その土地の歴史が刻まれていることが多い。例えば「池」や「川」はもちろん「深・浦・津・浮・湊・潮・洗・清・渡」など漢字に「さんずい」が入っていて水を連想させる地名は、かつて低地にあり、川や沼・湿地帯だった地域が多い。例えば東京・渋谷駅周辺は、舗装された道路の下に川が流れており、低地で地盤も弱い。東京都中野区沼袋は低湿地だった。

 埼玉県三郷市戸ケ崎など、内陸部でも「崎」の地名がつく地域は、縄文時代などまだ海面が高かった時代、海と陸地の境目だった場所であり、強い地盤と弱い地盤が入り組んでいる。

残り903文字(全文1155文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事