週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

「お仕事」を描く=上野歩・作家/780

    「小説の舞台の吾嬬町は、実家があった東京都墨田区の旧町名です」 撮影=中村琢磨
    「小説の舞台の吾嬬町は、実家があった東京都墨田区の旧町名です」 撮影=中村琢磨

     旋盤、金型、ネジ──。下町の町工場を舞台に、さまざまな物語を紡ぎ続ける上野歩さん。作家として10年間のブランクの後にたどりついたテーマは、生まれ育った環境そのものだった。

    (聞き手=竹縄昌・ジャーナリスト)

    「町工場が集まれば、一つの巨大な工場に」

    「実家はプラスチックの成形工場でした。向かいと裏はプレス屋、隣はメッキ屋」

    ── 昨年3月に刊行した小説『就職先はネジ屋です』(小学館文庫)が好調ですね。旋盤工が主人公の『削り屋』、金型メーカーの若い女性社長を描く『わたし、型屋の社長になります』(いずれも小学館文庫)、女性ヘラ絞り職人が登場する『墨田区吾嬬町発ブラックホール行き』(小学館)と、下町の中小製造業を舞台とした作品を2015年以降、続けて発表しています。

    上野 一番最初に旋盤の話を書いて、次に金型、ヘラ絞りと、(世間には)分かりにくい仕事を紹介しようと書いてきたんですが、やはり分かりづらいところもあったようです。“ネジ屋”を選んだのは、誰でもネジは見たことがあり、一度ぐらいネジを締めたり、ネジ打ちしたことがあると思うので、分かりやすいんじゃないかと考えました。

    残り4371文字(全文4857文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット