週刊エコノミスト Online小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

中堅の人材がすぐ辞めてしまいます。つなぎとめておく方法はありますか/21

     Q 中堅の人材がすぐ辞めてしまいます。つなぎとめておく方法はありますか

     A 粋な計らいで手本を示せ

     最近、各業界でリストラの動きが活発化していますが、幸い我が社では人員調整には至っていません。むしろ逆に、30~40代の働き盛りの人材確保に苦労しています。特に就職氷河期を体験し、フリーター生活に甘んじていたという人材を数人、中途採用しましたが、少しでも仕事で行き詰まったり、上司からきつく注意されたり、また、休日が取れないなど、以前では考えられなかった理由ですぐ辞めてしまいます。どうすれば、彼らをつなぎとめておけるのか教えてください。(48歳・銀行員)

     私も今年50歳なのですが、今の50代以上と、それより若い年代とでは価値観に大きな違いがあると言っていいでしょう。私が新入社員の頃は終身雇用が当たり前で、会社生活が人生のすべてのように言われていました。ところが、その後雇用が流動化していき、会社や仕事以外に人生の喜びを見いだす人が増えてきたのです。

    残り947文字(全文1374文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事