マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 2万3000円割れで悪材料一巡=隅谷俊夫

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     1月の日経平均株価は初旬に米イランの緊張、下旬に新型肺炎の拡大を受けてそれぞれ2万3000円を割り込んだが、すぐに大台を回復した。

     為政者の行動が読みにくい地政学リスクや貿易摩擦と違って、新型肺炎は先行きを全く見通せない材料ではない。大国のメンツをかけた中国政府の対応や現代医学を考えると、1カ月先も混乱した状況が続いているとは思えない。

     当面、訪日中国人旅行者が急減することは痛手だが、日中関係の悪化によるものではないので、訪日客関連の需要は先送りされただけで、いずれ戻って来るだろう。1月の2万3000円割れは今後の悪影響までかなり織り込んだ下げだったとみたい。

    残り558文字(全文842文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット