マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 1月の貿易統計(2月19日) 米国向け輸出は持ち直すか=上野剛志

    (出所)財務省「貿易統計」
    (出所)財務省「貿易統計」

     財務省の貿易統計によると、2019年の日本の輸出額(確報)は前年比5.6%減と、3年ぶりの前年割れとなった。秋にかけて米中貿易摩擦が激化し、世界経済が減速したことが輸出の重荷になったためだ。仕向け先別では、貿易摩擦の影響を強く受けた中国向けが前年比7.6%減と、米国向け(同1.4%減)やEU向け(同2.8%減)に比べて著しい落ち込みを示している。

     一方、最近の月次動向は様相がやや異なる。12月の輸出額は前年比6.3%減で13カ月連続のマイナスとなったが、中国向けは同0.8%増と10カ月ぶりに増加に転じた。ITサイクルの持ち直しを受けた半導体関連の急回復が寄与したためであり、明るい動きと言える。一方で米国向けはマイナス幅が前年比14.9%減まで拡大しており不振。米国内の設備投資や自動車販売低迷によって、自動車関連や資本財の輸出が落ち込んだ。…

    残り307文字(全文682文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット