マーケット・金融独眼経眼

金融政策枠組み見直しの年になるか=愛宕伸康

    (出所)日本銀行
    (出所)日本銀行

     スウェーデンの中央銀行であるスウェーデン国立銀行(リクスバンク)は2019年12月、家計債務残高の膨張や住宅価格の高騰といった金融緩和の副作用に配慮し、マイナス金利政策を解除した。欧州中央銀行(ECB)も今年1月、正式に金融政策の戦略を見直すと表明。物価の安定とは一体何パーセントのことを示すのか、どんな政策手段が適切か、金融経済分析やコミュニケーションの方法などを改めて検討するという。

     米連邦準備制度理事会(FRB)はもっと進んでいる。既に金融政策の枠組みの見直しが進行中であり、昨年…

    残り829文字(全文1074文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット