経済・企業独眼経眼

金融緩和で表れたバブルの予兆=渡辺浩志

     いま、世界経済は好転しつつあり、金融市場では「グレート・ローテーション」が起こると期待されている。すなわち、投資マネーが安全資産である債券からリスク資産である株式へとシフトし、長期金利と株価が同時に上昇することが見込まれている。

     とはいえ、いまのところ米国のインフレ率が大きく高まる気配はないし、11月には大統領選挙も控えていることから、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策は少なくとも年内は据え置かれそうだ。そのため、米国の長期金利(10年国債利回り)は、上昇するとしても、当面は3%を上回ることはないだろう。米国の名目潜在成長率は4%台にあり、景気に見合わぬ低金利がしばらく続きそうだ。

     この名目潜在成長率とは、平時の経済成長率のことであり、米国での実物資産投資で得られる平均的なリターンと考えることができる。一方、長期金利は投資資金の調達コストだ。米中摩擦の再燃や中東における戦争勃発など、強烈な外的ショックでもなければ、米国内で投資のリターンがコストを上回っている限り、米国景気が腰折れしたり、株価が本格調整に入ったりする可能性は低い。

    残り605文字(全文1080文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット