教養・歴史書評

『脱プラスチックへの挑戦』『告発 フェイスブックを揺るがした巨大スキャンダル』『かんぽ崩壊』『キャッシュレス生活、1年やってみた』

    『脱プラスチックへの挑戦』 堅達京子+NHK BS1スペシャル取材班著 山と渓谷社 1500円

     2050年に海中のプラスチック量は魚の重量を超える。海中で微粒子に分解され、食物連鎖を経て、私たちは毎週、クレジットカード1枚分のプラスチックを摂取している可能性があるという。しかも、海洋プラの発生源の3割は日本だ。「NHKスペシャル」で数々の環境問題を取り上げてきたディレクターが現状に警鐘を鳴らす。海洋プラは二酸化炭素の25倍の温室効果を持つメタンガスも発生させる。手遅れにならないための行動指針も示されている。(I)

    残り748文字(全文1007文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事