教養・歴史書評

「民」と「官」に分断した中国社会を説き明かす=加藤徹

     映画も書籍も、シリーズは第2作が勝負だ。岩波新書の「シリーズ 中国の歴史」第2巻として刊行された丸橋充拓『江南の発展 南宋まで』(820円)は、読者をぐいぐいと引き込む面白い本だ。

     本書は、地域的には「船の世界」である中国の東部・南部を中心に、中国社会が「民の世界」と「官の世界」にダイナミックに分かれた過程を説き明かす。内容は深いが、文章は明晰(めいせき)で分かりやすい。

     中国社会の特異性とは何か。社会の「中間団体」が「法共同体」としての自律性を持たぬことだ。

    残り669文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット