国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 市警が顔認証で個人特定=冷泉彰彦

    もはや匿名の歩行者ではいられない(Bloomberg)
    もはや匿名の歩行者ではいられない(Bloomberg)

     顔認証による個人の特定や情報管理などセキュリティー技術の発展に伴い、米国ではプライバシーの侵害が社会問題となっている。

     2001年に発生した同時多発テロを契機に、多くの監視カメラが設置されたニューヨーク市でも市民の警戒感は強い。中でも、関心を集めているのが、市警が顔認証アプリを開発した企業と非公式に提携しているという話題だ。

    『ニューヨーク・タイムズ』紙の今年1月の報道によれば、このアプリはSNS(交流サイト)のデータベースに蓄積された顔写真との照合が可能で、町中の監視カメラの映像や警察官が撮影した写真や動画を基に、高い精度で個人の特定を可能にしているという。

    残り202文字(全文485文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット