国際・政治ワールドウオッチ

韓国 中国進出企業に新型肺炎の影=嚴在漢

    2018年3月に行われたサムスン電子・中国西安半導体工場の起工式(筆者撮影)
    2018年3月に行われたサムスン電子・中国西安半導体工場の起工式(筆者撮影)

     中国発の新型コロナウイルス(新型肺炎)の拡散が長期化する気配を見せる中、中国現地で工場を運営している韓国企業への影響が懸念されている。事態が3カ月以上持続する場合、2020年度の生産量や実績に対する計画を見直す最悪の状況が発生しうる。

     すでにサムスン電子の中国国内の白物家電工場や、SKイノベーションが進めるリチウムイオン電池工場の建設には支障が出始めている。また、中国に白物家電や電装工場を運営中のLG電子は…

    残り311文字(全文517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット