国際・政治ワールドウオッチ

英国 服役長期化などテロ対策強化へ=竹鼻智

    テロ対策部署の予算と人員の増加が計画されている(Bloomberg)
    テロ対策部署の予算と人員の増加が計画されている(Bloomberg)

     ジョンソン英首相は2月3日、テロ対策関連法を抜本的に見直すと発表した。その前日にロンドン南部の住宅地で、20歳の男が路上で3人をナイフで襲ってけがをさせた事件が発生。男は1週間前に仮釈放されたばかりで、テロ対策関連法の見直しで容疑者の服役の長期化を可能にしたり、警察のテロ対策部署に対する予算や人員の増加などを行うという。

     男はイスラム過激派に関連した事件で服役し、3年4カ月の刑期の半分を終えたところで仮釈放されていた。仮釈放後も警察の監視下にあったが、事件を防ぐことはできず、男は駆け付けた警察によって射殺。ロンドンでは昨年11月にも、警察の監視下にあった男が歩行者などをナイフで切り付ける事件が発生し、2人が死亡している。

    残り190文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事