週刊エコノミスト Onlineワイドインタビュー問答有用

理想の画材を求めて=アラン・ウエスト 日本画家/782

    「日本画の画材は化学的にさまざまな工夫ができ、銀ぱくをいぶしたり酸化させたりして描くこともあります」 撮影=蘆田 剛
    「日本画の画材は化学的にさまざまな工夫ができ、銀ぱくをいぶしたり酸化させたりして描くこともあります」 撮影=蘆田 剛

     草木の美しさを描くにはどうすればいいのか──。理想の画材や技法を追い求めた若い画家が、たどり着いたのは日本だった。それから40年。新たに吹き込んだ風は、日本画の世界に刺激を与え続けている。

    (聞き手=大宮知信・ジャーナリスト)

    「床の間が欲しくなるような絵を描きたい」

    「人の好みに合わせるのなら、公募展に出品して入選するより、購入してくれる人に合わせたい」

    ── 来日して40年、また東京都台東区谷中にギャラリー兼アトリエ「繪処(えどころ)アラン・ウエスト」を開いて20年になります。

    アラン 海外のガイドブックに載るようになって、日本の観光客だけでなく外国人も増えました。今年は東京五輪がありますから、見に来るお客さんが増えるでしょうね。ここで販売している掛け軸や版画などには値段を付けていますが、売るというよりも一つの作品の例として展示しています。買わなきゃいけないというプレッシャーを感じると面白くないですよね。ここは入場料のない美術館と思ってもらえればいいんです。

    残り4396文字(全文4829文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事