週刊エコノミスト Online資産作りの新常識

金利の低下は債券価格の上昇に=正岡利之/8

    (出所)三菱UFJ信託銀行
    (出所)三菱UFJ信託銀行

    「債券」といっても、なじみが薄いかもしれない。代表的なのは国が発行する国債だ。会社の発行する債券は、社債と呼ぶ。どちらも発行者側からすると資金を得るための一つの手段である。購入者側からすると、多くの場合「定期的に利息がもらえて、満期時に元本が戻ってくる」という点で、定期預金と似たものだ。しかし、定期預金とはかなり異なる部分もある。

     債券が新規に発行されるとき、償還日(満期)と表面利率(クーポンレート)が決められる。表面利率はそのときの市場実勢で決められる。例えば図のように、債券Aが、そのときの市場実勢の金利水準に基づいて、表面利率2%で発行されたとする。固定利付き型の債券の場合、表面利率は満期まで変わることはなく元本100万円に対して、1年間に利息2万円を受け取れる。

    残り722文字(全文1061文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット