経済・企業労基署はここを見る 働き方改革法

インタビュー 和田孝雄(パーソルテンプスタッフ社長)

    「法改正は派遣労働者の地位向上に好機」

     企業規模を問わず、同一労働同一賃金が求められる派遣業界。その対応をどうしているのか、人材派遣大手のパーソルテンプスタッフの和田孝雄社長に聞いた。

    (聞き手=村田晋一郎/吉脇丈志・編集部)

    ── 4月に迫った同一労働同一賃金にどう対応しているのか。

    ■昨年4月ごろから最重要業務として派遣先企業との交渉やパーソルグループで働いている派遣労働者約11万人に対応している。派遣スタッフの処遇を改善する改正だからサービスそのものが総じて値上がりする。これに納得いただくのに、当社の担当者は派遣先と平均2〜3回の交渉を要した。

    ── 今後は派遣労働者に交通費も支払うことになる。

    残り1220文字(全文1520文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事