経済・企業労基署はここを見る 働き方改革法

テレワーク ワークライフバランス実現と業務効率化で競争力を向上=編集部

    分散型ワークでの会議の様子 NECネッツエスアイ提供
    分散型ワークでの会議の様子 NECネッツエスアイ提供

     NECネッツエスアイは、昨年からテレワーク勤務を基本とする「分散型ワーク」を進めている。飯田橋本社(東京都文京区)のフロアスペースを6割削減し、東京近郊のサテライトオフィスに社員の勤務を分散する。サテライトオフィスは、柏(千葉県柏市)、浦和(さいたま市)、立川(東京都立川市)、武蔵小杉(川崎市)、横浜(横浜市)など8カ所設置し、社員は自宅から約30分で通勤できるオフィスを自らの拠点(「アクティビティベース」)として勤務する。また飯田橋本社は「ビジネスベース」として、本社機能と全社のハブ機能の役割を果たす。顧客との協業を進める拠点として日本橋(東京都中央区)に「イノベーションベース」を2月に開設し、技術開発拠点として新川崎(川崎市)に「テクニカルベース」を5月に開設する予定だ。

     オフィス内には多数のディスプレーが配置され、それぞれの拠点はビデオカンファレンスシステム「Zoom」により、画面を通じて双方向につながっている。もちろんこのシステムは在宅勤務者ともつなぐことができる。

    残り814文字(全文1258文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事