マーケット・金融独眼経眼

日本株出遅れは街角景気を反映=藤代宏一

    (出所)内閣府より著者作成
    (出所)内閣府より著者作成

     暖冬で穏やかな陽気が続く日本列島だが、街角景気の肌寒さは厳しさを増している。

     1月の景気ウオッチャー調査(調査期間は1月25日から1月末)は現況判断指数(DI)が41・9、先行き判断DIが41・8と、双方ともさえない。新型肺炎という特殊要因が混入したという事情はあるものの、それにしても消費増税前後に生じた断層がいまだ埋まらないのは不気味である。

     2019年10~11月に台風19号襲来とその後のサプライチェーン寸断に伴う下押し圧力を受けた後、リバウンドが期待された12月は停滞が継続。そして1月も顕著な改善がみられないとなれば、いよいよ景気の基調的弱さを疑わざるを得えない。

    残り734文字(全文1023文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事