週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     リンゴはなぜ地面に落ちるか。地球に引っぱられているからだ。そうニュートンが喝破したのは非常時下だった。1665年、ロンドンにペストが大流行した。約30万の人口のうち、4分の1もが死亡したという。密集地にいては命が危うい。ニュートンもロンドンから逃げ、田舎のリンゴの木を眺めていてひらめいた。

     それに少し先んじる51年、やはり英国の人、ホッブズが『リヴァイアサン』を著した。人間は放っておくと無法化し、万人が万人に対し闘争を始める。だから強力な国家が必要だ。ホッブズはこの着想をどこから得たか。

     疫病だろう。ロンドンの大流行の前だが、欧州で疫病による大量死が起こるのはしょっちゅうだった。そのとき人間の正体がむき出しになる。自分の命が助かるなら他人を押しのけて何でもする。それを阻止できるのは暴力装置を独占した国家だけだ。『リヴァイアサン』の初版本のカバーにはペストの防疫人が描かれている。厳しい防疫を可能にする絶対権力が近代国家の本質ということだ。

    残り369文字(全文794文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事