週刊エコノミスト Online編集後記

桑子かつ代/市川明代

    編集部から

     たかがドラマだと思っていたら、疲れた時の栄養剤よりはるかに効く。米国で大人気の法廷ドラマ「グッド・ファイト」。主人公は3人の女性弁護士で、それぞれスーパーキャリア、アフリカ系米国人、同性愛者という設定。ストーリー展開は少数派の人たちが力を出し合い権力者に立ち向かうという王道だ。七転び八起きは世界共通の価値観なのだろう。主人公たちがズバ抜けた知恵と体力を駆使して次々と問題を解決する姿は痛快。放映される毎週日曜夜が楽しみになった。

     ところで、国内では看護師やOLなど働く女性が活躍するドラマを「お仕事ドラマ」などと呼ぶ向きがあるが、「仕事」でなく「お仕事」というと、何だか単純な作業という印象を持ってしまうのは私だけだろうか。ドラマのジャンルに丁寧語を使う必要性も感じない……。「お」の乱用には気をつけたい。

    残り1093文字(全文1453文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事