教養・歴史書評

『秘密資金の戦後政党史』『2030年の第4次産業革命』『超限戦 21世紀の「新しい戦争」』『内戦と和平』

     冷戦時代、主要政党が超大国から秘密資金を受け取っていた。長年ソ連とロシアを取材し続けた著者が米露の膨大な公文書を探り、日本政治の恥部を浮き彫りにした労作だ。政情安定へ幹部自ら露骨に援助を求める自民党に、日本を反共の砦(とりで)にしたい米国も協力。対峙(たいじ)すべき民社や社会、共産の各党も同じ姿勢だった。与野党がそろって国家主権にかかわる法律違反を意図的に犯していた事実は、対外追従で思考力不足の戦後政治を象徴しているようで悲しい。(W)

     AI(人工知能)をはじめとする技術の進…

    残り725文字(全文966文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット