【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

アマゾンジャパンが卸業務スタート=永江朗

 アマゾンジャパンが書店への卸業務を開始するというニュースが、出版界に衝撃を与えている。「ついにアマゾンが取り次ぎ業務に参入か」という見方もある。

 これまでアマゾンジャパンは、取次店を介さずに出版社から直接仕入れることに力を入れてきた。豊富な在庫を書店にも振り向けようということなのだろう。アマゾンの卸値は高めに設定されるとみられ、書店マージンは取次店から仕入れるよりもかなり少なくなりそうだ。

 背景にあるのは、「売りたい本が入荷しない」という小規模な書店の悩みである。書店業界では以前から商品供給の偏りと不公平感が問題視されてきた。

残り615文字(全文882文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事