投資・運用資産作りの新常識

リバランスは年単位程度で=正岡利之/10(最終回) 

(出所)三菱UFJ信託銀行
(出所)三菱UFJ信託銀行

 長期的な分散投資を前提とするのであれば、頻繁に売買する必要はない。一方で、例えば月に1回といった具合に定期的に資産の状況を把握しておくことが望ましい。その際に、そのときの価格である「時価」で把握することがポイントだ。

 預金などを含めた資産全体の中で、投資商品が時価でいくらになっているのか、つまりどの程度のリスクを取っているのかを把握し、さらに「時価での資産配分」がどうなっているかを知っておくことも大切だ。ただし購入した価格と時価を比較して、「評価損益(時価−購入価格)」に一喜一憂する必要はない。

残り685文字(全文936文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月3日号

金利ある世界18 長期金利の居場所の探り合い 10年国債が主役に復活する日■稲留克俊21 絶えざる資産インフレとデフレ■水野和夫22 ドル・円 米金利上昇で景気失速、金利低下 1ドル=130円の円高を目指す■吉田恒24 日本株 企業に生じた「インフレ利得」 「マイナス金利」が追い風に ■黒瀬 浩一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事