週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     2月27日、安倍晋三首相が「全国の小中高一斉休校」を「突然」要請し、日本中が大混乱に陥った。

     政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」の設置が1月30日。準備期間はあったはずだが、発表時点での具体策はゼロ。本来は、必要な法案や予算案の概要くらいは説明しなければならないのに、「政治判断」だから準備不足は仕方ないという居直りには驚くばかりだった。韓国が、日本の10倍以上、1日1万件超の検査を実施し、2月26日までに複数の法改正も実現したのに比べると大きな違いがある。

     日本の対応が、こうした「泥縄式」になる最大の原因は、安倍政権の「パフォーマンス政治」にある。その特色は、各界の知恵を集めてきめ細かく政策を作る代わりに、官邸官僚が見栄え最優先で「やってる感」を演出するのにほぼ全精力を傾けることだ。

    残り461文字(全文812文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月14日号

    コロナ不況 残る会計士 消える税理士14 大量リストラの再来も 高まる“キャリア不安” ■岡田 英/浜田 健太郎17 監査法人の交代 トーマツ、監査先の選別が鮮明 ■伊藤 歩18 「決算」で見る監査法人 「東芝粉飾」の新日本は後退 ■伊藤 歩23 不正会計「摘発」 粉飾発見ソフトにAI搭載 ■細野  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット