週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

撮影 大西岳彦
撮影 大西岳彦

 TVゲームやSNS(交流サイト)などのデジタル技術は脳に悪影響があるだろうか。ゲームで遊ぶことで認知能力が高まるとするデータもあれば、SNSの台頭とともに若者のうつ傾向が強まったことを示すデータもあり、専門家の間でも統一的な見解は得られていない。オレゴン大学のニック・アレン博士は2月の『ネイチャー』誌の論説で「デジタル技術の是非を問うのは自動車が運転者を事故死させうるかを問うのに似ている」と問題設定の不備を指摘している。

 なかなか結論の出ない混沌(こんとん)とした議論から、私はひどい悪影響はないと判断している。この判断は、私自身がゲームと共に育った世代でもあり、一種の自己弁護かもしれない。というのは一つだけ指摘しなくてはならない注意点があるからだ。デジタル技術への嗜癖(しへき)性である。

残り464文字(全文813文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事