週刊エコノミスト Online編集後記

神崎修一/桐山友一

編集部から

 3月に入り毎朝牛乳を飲むようになった。不規則な生活を送る「アラフォー」記者にとっては、少しでも体のためになればという気持ちもあるが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校で、牛乳が行き場をなくしていると聞き、わずかでも助けになればと思ったからだ。

 国内での飲用乳の消費に占める学校給食の割合は、約1割と思ったより大きい。牛は搾乳を止めると乳房炎という病気を起こしてしまうため、簡単に生産を止めることもできない。政府はバターなど加工用に回すことを支援し、牛乳の廃棄はできるだけ避ける方針だが、「今度はバターが余ってしまうのではないか」(農林水産省幹部)と不安の声も上がる。

 3月から編集部に加わりました。新型コロナで揺れる日本経済をしっかりと伝えたいと思います。

残り1103文字(全文1441文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事