教養・歴史書評

『実践 幸福学 科学はいかに「幸せ」を証明するか』 評者・後藤康雄

著者 友原章典(青山学院大学教授) NHK出版新書 850円

客観的な学術研究として人類最大の関心事に迫る

 私たちは日々何を目的に生きているのか。富や地位といった社会的価値を追うこともあれば、愛する人との絆や自らの興味など個人的価値を求めることもある。ただいずれにせよ最終的に重要なのは、いかに幸せになるかだろう。本書はそうした人類の究極の目標といえる「幸福」に自力でたどり着くための、現代科学が指し示す見取り図である。

 幸福の実現という最大テーマはこれまであらゆる角度から語られ、書物としても世に出されてきた。本書がそれらと明確に一線を画すのは、客観的な学術研究としての「科学」を根拠にしている点である。ここでいう科学には、社会科学、人文科学、医学など幅広い領域が含まれる。類書と比しても、カバーする先行研究の数、範囲の広さ、体系性という点で抜きんでている。

残り795文字(全文1174文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事